The Founder

Grayston-meijin is first generation Kaiso (founder) of Shindo-Ryu Karate-Do. He is also President and Senior Master to Zen Eikoku Shindo-Ryu Karate-Do Renmei. He started training in Karate-Do in 1964, and founded the Shindo style of Karate in 1984 because he felt the Japanese/Okinawan styles of Karate-Do lacked a western perspective. He toured Japan in 2004 (Tokyo, Kyoto, Osaka, Wakayama, Kii Katsuura, Nachi Katsuura, and Shingu) giving examples of Shindo-Ryu Karate-Do and has also received a letter of commendation from the Embassy of Japan (UK).

He is also President of NPO Kodō Butoku Renmei (Old Ways Martial Virtues Federation). This non-profit organisation has very senior ranked martial artists from many disciplines as members from around the world.

He says, "the real art of Karate-Do is in the knowledge and enablement that we can give to students. There is no one knowledge - all arts and styles are important in order to form a full comprehensive understanding."

スティーブン • グレイストン
真道流空手道開祖枠外段
NPO古道武徳連盟の会長
NPO章句書道会員
NPO紫書道会員
私の書道雅号は灰色石です。
私はイングランド人です。私は英国に住んでいます。
お祖父さん (-_-) 、私は2人の孫を持っています。
1964年、8歳で空手を始める。その後、田中めいじ先生に師事。
その後、松濤館 空手のデイヴィッド ハザード先生、和道流空手の 篠原よし先生などに師事。 1984年、小林少林流、松濤館、和道流と確かな要素を結合させることが、より自分に合っていると考え、そして、この新しい型によるシステムの基にトレーニングを開始した。
初め、和真道流と呼ばれたが、その本質がその型そのものであるので、すぐに真道流と呼ばれるようになった。
1996年、私は元日本大使館代表長官の南三波様 様によって世界真道流空手道連盟を代表して、範士の免許を授受された。
今日、私の流は、イギリスにおいて、白人と日本人との関係において重要な役割を果たしているとともに、定期的に日本人/沖縄県人の上級者の師範訪問して、国際的な行事を 主催している。
2003年に、賞賛の特別手紙は日本(UK)の大使館から第一書記文部省から私に提出されました。

Commendation >
Senate Resolution >
Meet the Masters & Teachers >